くらし情報『婚活男女が努力をしても「お断り」されてしまう、残念な行動パターンと禁断の“圧”』

2020年11月9日 11:00

婚活男女が努力をしても「お断り」されてしまう、残念な行動パターンと禁断の“圧”

お見合いからお付き合いに入るものの、1、2度食事をすると、“交際終了”が来てしまう人がいます。LINEの連絡もマメに入れている。男性なら食事やお茶などのデート代は全て出している。女性なら小さなプレゼントや笑顔のトークも忘れずに心がけている。それなのに、なぜか来る“交際終了”。

ライターをしながら、仲人としても婚活現場に関わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えてゆく連載。今回は、「好かれる努力をしているのに、それがいつも残念な結果を生んでしまう」そんな人たちの行動パターンを一緒に見ていきましょう。

婚活男女が努力をしても「お断り」されてしまう、残念な行動パターンと禁断の“圧”
写真はイメージです■全てを結婚に結びつける

まずは、女性でお断りをされてしまうタイプから。

見た目も悪くない。気もきく。良妻賢母になるタイプなのに、いつもお断りされてしまう……。そんな女性の例です。

会員の真太郎さん(36歳、仮名)から、LINEが来ました。彼は、1か月前に史子さん(36歳、仮名)とお見合いし、2回目のデートを終えたところでした。

「お見合いしたときから気になっていたのですが、史子さんの話には、 “結婚したら”という言葉が頻繁に出てくるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.