くらし情報『松本人志も絶賛の漫談家ぴろき、コロナ禍で“大損害”を被っても寄席にこだわるワケ』

2020年11月14日 18:00

松本人志も絶賛の漫談家ぴろき、コロナ禍で“大損害”を被っても寄席にこだわるワケ

「“どうしてウクレレだったんですか”と聞いてもらえます?」

言われたとおりに尋ねると、まじめな表情になってたっぷりと間をとる。

「そこにウクレレがあったから……」

この見事なはずしっぷり。ここに、ぴろきの真骨頂がある。

「実はね、ウクレレって僕が最初に触った楽器だったんですよ。これは本当。戦後、日本にハワイアンブームがあったらしくて、そのときオヤジが買ったんでしょうね。家にウクレレがあったんです。母親はピアニストを目指したこともあるみたいで、家でピアノを弾いていましたが、僕が先に触ったのはウクレレ。ウクレレを相棒にしようと思ったとき、そういえばと思い出したんです」

ウクレレには少なからぬ縁があったのだろう。今に至るまで30数挺(ちょう)のウクレレを買ったが、現在は特注のものを3挺、使い回している。美しい木目に貝殻が埋め込まれた、なんとも粋なウクレレである。それをぴろきは愛(いと)おしそうに奏でる。

「ただね、当時ウクレレ漫談といえば、大御所(牧伸二さん)がいましたからね。ですから僕はずっとギタレレ(ミニギター)で舞台に立っていたんです。大御所が亡くなって数年たって、やっとウクレレを使い始めました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.