くらし情報『東京からの遠距離介護、「2週間サービス利用停止」の壁と負担が激増する家族の叫び』

2020年11月12日 07:00

東京からの遠距離介護、「2週間サービス利用停止」の壁と負担が激増する家族の叫び

東京からの遠距離介護、「2週間サービス利用停止」の壁と負担が激増する家族の叫び
※写真はイメージです
国内で新型コロナウイルスの感染者の発生が確認されて10か月が経つ。Go Toキャンペーンの実施もあり、外を歩くと行き交う人も増えて街が活気を取り戻しつつあるが、冬に向けて再拡大が危惧される。そんな中、国内の介護現場では相変わらずコロナ対策の決め手がないまま、介護に携わるスタッフや家族の模索状態が続いている。

地方に住む母親の遠距離介護をスタートせざるをえなくなった筆者が、8月に公開した第1弾記事(【コロナ禍の遠距離介護】東京から通うとサービスが使えない! 「介護崩壊」の危機)に続き、現状をレポートする。

■東京在住の家族が介護するとサービスを使いにくい

コロナが感染拡大していた3月、突然の父の死によりひとり暮らしとなってしまった高齢な母の世話をするため、遠距離介護を開始した。

東京から静岡県にある実家に通っているのだが、感染者が多い東京から家族が訪問すると、利用者は2週間、使えるはずのさまざまな介護保険サービスが使えず、その間は家族のみで介護せざるをえなくなる。デイサービスもショートステイもヘルパーの利用も、この2週間という期間に阻まれ、なかなか利用できない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.