くらし情報『『極主夫道』の“恐怖レシピ”がバズり中!「白い粉を加えて泣きが入るまでつぶすんや」』

2020年11月15日 17:00

『極主夫道』の“恐怖レシピ”がバズり中!「白い粉を加えて泣きが入るまでつぶすんや」

『極主夫道』の“恐怖レシピ”がバズり中!「白い粉を加えて泣きが入るまでつぶすんや」
日本テレビ系日曜ドラマ『極主夫道』毎週日曜夜10時30分〜放送中
「カチコミかける」「ヤキ入れたる」……なんて、物騒な極道言葉と、主夫(婦)目線で作られた物語。その温度差が“楽しすぎる”と話題の任侠コメディードラマ『極主夫道』。いわゆる“極道モノ”と、ひとくくりにして見逃していてはもったいない!

“不死身の龍”として極道界隈で恐れられていた男が結婚を機に極道から足を洗い、専業主夫に。そこで奮闘する物語は、女子にこそ見てもらいたいポイントが満載なのだ。

まず、『極主夫道』の魅力は、なんといっても元極道×現専業主夫という玉木宏扮する龍のギャップ萌え!原作の同名マンガの再現度が高いと評判の、色つきのサングラス&スーツといういかにも極道なスタイル。その上に柴犬マークの可愛いエプロンを重ね、超絶高い主夫力を見せる姿はたまらない。

しかも「部屋干しした衣類の下にくしゃくしゃにした新聞紙を広げて敷いておくと乾きが早くなる」や「玉ねぎを切るときは割り箸を口にくわえておくと涙が出ない」など、ドラマ内で龍が披露する家事テクはなるほど~の連続。

そんな龍の決めゼリフは「主夫、舐めたらあかんで」(笑)。「組まとめるんも大変やけど、主婦ほど大変な仕事はないねや」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.