くらし情報『知らずにトラブル多発!「遺された妻」が今すぐ知らないと損するお金』

2020年11月16日 05:00

知らずにトラブル多発!「遺された妻」が今すぐ知らないと損するお金

受取人が親や前の配偶者のままなら変更しておく。

◎不動産……土地の名義が死亡した祖父母などのままだとやっかい。法定相続人全員の承認がないと名義を書き換えられず、売ることもできない。
対策:まずは所有する不動産をリストアップし、登記内容を確認。親や祖父母の名義のままの場合、早めに関係者と交渉、名義をまとめる。

◎株・投信など…… 株式などの有価証券取引などはペーパーレスになっているため、遺族が資産の存在に気づかないことが。特にネット証券は注意。
対策:取引金融機関や支店、保有資産(株式の銘柄や株数など)を書き出しておく。

◎趣味の品、コレクションなど……昭和時代のおもちゃなど、マニアの間で高額取引されていることを知らず、遺族がゴミとして処分してしまうことが。
対策:思い入れのあるモノについては、その思いとだいたいの価値、処分する場合のおすすめの店などを書き出しておく。

■〈マイナスになる財産〉
最悪、夫の借金も相続することに

財産をリストアップする際、借金などのマイナスの財産についても明らかにしておく必要がある。というのも、相続の際、遺族はそれらも引き継ぐことになるからだ。

「隠しておきたいでしょうが、家族には知らせておきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.