くらし情報『知らずにトラブル多発!「遺された妻」が今すぐ知らないと損するお金』

2020年11月16日 05:00

知らずにトラブル多発!「遺された妻」が今すぐ知らないと損するお金

普段、夫側の親族と、例え交流や面識がなくても相続においては関わりがでてくる。

「相続に関する知識を持つと同時に、日ごろから夫としっかり“これまで”“これから”について語り合い、親族ともコミュニケーションをとっておくことがいちばん大切です。面倒だと思っても、これが最大のトラブル防止法になりますよ」(武藤さん)

【マイナス財産の例】

◎借入金……借金の存在を知らないまま相続手続きを終了し、後から遺族が返済を迫られることが。その場合は要返済となることが多い。
対策:金融機関や友人・知人からの借金は本人が生きているうちに早めに返済しておく。残りそうな場合は借入先や金額を伝えておく。

◎ローン……団体信用生命保険に加入していない住宅ローンや車のローンの返済義務も、相続人に受け継がれることになる。
対策:借入先や借入内容をリストアップし、なるべく早く本人が返済。住宅ローンは団信に加入しているか確認しておく。

◎実家の土地……空き家になった親の実家をボロボロのまま放置し、「特定空き家」に指定されると、固定資産税の軽減がなくなり、「負動産」状態に。
対策:もう住む予定がない住宅や土地は売却する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.