くらし情報『知らずにトラブル多発!「遺された妻」が今すぐ知らないと損するお金』

2020年11月16日 05:00

知らずにトラブル多発!「遺された妻」が今すぐ知らないと損するお金

更地にすると固定資産税などが高くつくので、家付きのまま売るほうがよい。

◎連帯保証人の返済義務……金融機関の借り入れや不動産賃貸契約の連帯保証人になっていた場合、相続手続き後に返済義務が引き継がれることが。
対策:新たな保証人や担保を見つけない限り連帯保証の解除は困難。生前贈与や保険の利用で財産を移動したうえで、相続放棄を検討。

◎銀行の自動引き落とし……動画視聴サービスなど定額サービスは、クレカが凍結され自動的に失効するものもあるが、会社によっては相続人に請求されることも。
対策:毎月、何のサービスの料金をどこから引き落としているのかリスト化。必要に応じてログインIDやパスワードも伝えておく。■知らずにトラブル!実例エピソード

case1生命保険の受取人が義母のまま
夫が死亡。遺産はあまりないけれど、独身時代に加入した生命保険があるからなんとかなりそう……と思っていたらショック!なんと死亡保険金の受取人が義母のまま。結婚後、変更するのを忘れていたみたい。毎月やりくりして何十年も保険料を払っていたのは私たち夫婦なのに、保険金はすべて義母のものに。

case2子どもがいなくて義理の兄弟と大モメ
DINKSとして仲よく暮らしていた夫婦。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.