くらし情報『【女性の保険】20年で約777万円の損をしていた人も! ムダの省き方をプロに聞く』

2020年11月14日 08:00

【女性の保険】20年で約777万円の損をしていた人も! ムダの省き方をプロに聞く

【女性の保険】20年で約777万円の損をしていた人も! ムダの省き方をプロに聞く
※写真はイメージです
「女性にとって50代は保険を見直すタイミング。ライフステージの変化で備えるべきリスクの優先順位が変わり、昔の保険が今のニーズには合わないということが起きる時期です」

というのは、ファイナンシャルプランナーの横川由理さん。加えて、これまでの加入実績と、それに応じた年金額などが記された「ねんきん定期便」を見ることで、老後の年金額が確定してくるのも50代だ。

■払いすぎ・不要な保険は今こそ仕分けを!

「年金額が明確になれば、貯金や資産をリストアップして、いくら足りないのか、足りるのかがクリアになってきます。貯蓄が十分なら、保険に入る必要はないケースもあります」

例えば50歳で月々4500円の医療保険に加入し、85歳まで払い続けるとすると支払総額は189万円になる。それに対して支払われる保険金は、入院給付金10万円+入院1日あたり5000円だとすると2か月入院したとしても30万円ほどだ。

「本当に“入っててよかった”と思えるのか、よく計算をしたほうがいいですね」(横川さん、以下同)

さらに保険商品は、「○△」という商品が「新○△」というふうに3年周期ぐらいでその時流に合わせてリニューアルすることが多いため、定期的に見直しが必須。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.