くらし情報『吉岡里帆、母親になった友達に久々に会うと「急に置いていかれた気分になる」』

2020年11月19日 16:00

吉岡里帆、母親になった友達に久々に会うと「急に置いていかれた気分になる」

吉岡里帆、母親になった友達に久々に会うと「急に置いていかれた気分になる」
吉岡里帆撮影/森田晃博
「母親の役を演じたのは初めてでした。生まれたばかりの娘がいちばんで、次に夫のたすく。最初は、こんなに強くたすくに当たっていいものかと思ったんですが、ことねは娘を守って生きるのに必死ですし、生きていくってこういうことだよなと」

映画『泣く子はいねぇが』で、子どもじみて父親になりきれない夫(仲野太賀)をもつ妻・ことねを演じている吉岡里帆。今作への出演の決め手は、佐藤快磨監督からの手紙だった。

「お手紙でオファーをいただいて、うれしいなというのと、監督が長年温めてきた作品への愛情がすごく手紙の内容に出ていて。“私ができることなら”という使命感みたいなものを感じて出演を決めました」

9月に開催されたスペインのサン・セバスティアン国際映画祭で最優秀撮影賞を獲得し話題になっている今作。吉岡が演じる髪はボサボサで子育てに疲れたことねの姿を見ると驚くはず。

「若い未熟な夫婦の役柄というのは、今しかできないと思いました。ことねを通して、私の中に芯の強さが芽生えてきて、“これでいいんだ”と何か吹っ切れた感覚があります。地に足のついた大人になっていくことを自覚できた映画でもあって、これからの作品選びに影響を与えるものになったと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.