くらし情報『「ペコちゃん」看板娘になって70年!戦後の日本が「不二家」に込めたエール』

2020年11月28日 11:00

「ペコちゃん」看板娘になって70年!戦後の日本が「不二家」に込めたエール

「ペコちゃん」看板娘になって70年!戦後の日本が「不二家」に込めたエール
ペコちゃん(c)FUJIYA
今月、不二家が創業110周年を迎えた。舌をペロッと無邪気に出して、店先を通る人々に笑いかける看板娘・ペコちゃんも人間でいえば古希の年。戦後まもなく誕生した一企業のキャラクターは、やがて国民的アイドルへ。その笑顔に救われたファンが証言する唯一無二の魅力とは──?

■ペコちゃん生誕70周年

どんな悪天候でも曇りない笑顔で毎日、店頭に立ち続ける少女がいる。老舗の洋菓子チェーンで知られる株式会社不二家の人気キャラクターとして誕生した“永遠の6歳”、ペコちゃんだ。大きな瞳にぷっくりの頬、何かイタズラでも企んでいるようにぺろっと出した舌──思わずにっこり微笑み返してしまう、あの姿。

そんな彼女も今年、人間でいえば古希。生誕70周年を迎えた。

「ペコちゃんの熱心なファンには40代、50代の大人の女性も多い」と、同社の経営企画室広報IR部広報室(以下、広報室)土橋美紀さんは言う。

「ペコちゃんのイベントを開催すると、子どものころペコちゃんが大好きだった方が子どもを連れて来てくださったり、世代を超えて全国から足を運んでくださる印象です」

ペコちゃんといえば、オーバーオール姿が定番ルック。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.