くらし情報『“ちりつも”ムダ出費していませんか? 家計をむしばむ『ラテマネー』の正体』

2020年11月24日 08:00

“ちりつも”ムダ出費していませんか? 家計をむしばむ『ラテマネー』の正体

“ちりつも”ムダ出費していませんか? 家計をむしばむ『ラテマネー』の正体
※画像はイメージです
「レジ前の数百円のお菓子や100均の雑貨を “つい” 買ってしまう人。その “ラテマネー出費” こそ、お金が貯まらない体質の表れです!」

そう指摘するのは、ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢(ふろうち・あや)さん。

■1週間のレシートで10年間のムダを試算

ラテマネーとは、アメリカの資産アドバイザーが考案した言葉で、日常的にコーヒーショップで飲み物を買うような “毎日、何げなく使ってしまうお金” のこと。

「大きい金額は躊躇(ちゅうちょ)しますが、ワンコイン(500円)以下のものについて、買うかどうかひとつひとつ慎重に検討する人はあまりいません。特に、月の予算を決めていない人ほど、値段の小ささで購入を判断しがちで、ムダなラテマネーが増える傾向にあります」(風呂内さん、以下同)

例えば、2日に1回スーパーでの買い物時にレジ前のお菓子を買ったら、300円×180日=5万4千円。100均での衝動買いや、通販で送料無料にするためのあわせ買いで月3000円とすると、3000円×12か月=3万6千円。合計で年間で9万円もの出費に!

では、無意識のラテマネーはどうやって減らせばいい?

「まずは、1週間のレシートをすべて確認し、“意識せず買ったけど、必要なかったかも”と思うものをチェック。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.