くらし情報『ピエール瀧 、「クスリはダメで不倫は大丈夫」バーで語っていた“役者論”』

2020年11月23日 21:00

ピエール瀧 、「クスリはダメで不倫は大丈夫」バーで語っていた“役者論”

(近隣住民)

「身体が大きいから迫力はあるけど、ガラが悪いって感じはなかったです。普通でしたね」(別の近隣住民)

以前は家族と一緒にいる姿が見られたという瀧の外出自粛は、コロナウイルスの影響か。彼がたびたび訪れていたという近所の喫茶店の店主は、

「騒動後は店には来ていませんね。家には車があったりなかったり、キャデラックのオープンカーだったり、ほかにも2、3台見かけたり、よくわからない感じですね。けっこう外に出てるんだと思います。本人も以前と変わらない様子ですよ」

近所では、落ち着いた生活を送っているようだ。しかし、親しい友人や関係者の前では“本音”がポロリ。冒頭の音楽バーには、音楽関係者らしき男性と訪れていたという。

「店内奥のカウンター席に座っていました。マスターに“静岡出身なんですか?自分も静岡市なんですよ”なんて話しかけたり、フレンドリーでしたね」(居合わせた客)

ウオツカなど強めの酒を重ねていたそうで、いい具合に酔いが回ったころ、彼の役者論、音楽論が飛び出した。「役者は、クスリはダメだけど、不倫は大丈夫。だって役で演じるんだから。逆にミュージシャンは、クスリはよくても不倫はマズい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.