くらし情報『梅宮アンナ「恋人は必要ない。私は自分で自分を認められる人間でいたい」』

2020年12月11日 12:00

梅宮アンナ「恋人は必要ない。私は自分で自分を認められる人間でいたい」

父・梅宮辰夫さんの一周忌を迎え、最近ようやく自分のことを考える余裕ができたという梅宮アンナさん。50代を目前に控え「やりたいことがたくさんある」というアンナさんに、仕事や恋愛などに対する率直な思い、これから目指す生き方について話を聞いた。

梅宮アンナ「恋人は必要ない。私は自分で自分を認められる人間でいたい」
梅宮アンナ撮影/佐藤靖彦
(前編の記事『梅宮アンナが語る父・梅宮辰夫「私、父が亡くなってから、まともに泣いてないんです」』はコチラ)

◆◆◆

父が亡くなってから、「あれっ、なんだか風向きが変わったのかな」と感じることが多くなりました。新しく知り合う人たちが、みんないい人たちばかりなんです。父が守ってくれているのかもしれないと思っています。

振り返れば、ここ数年はずっと家族のことで頭がいっぱい。父の闘病中、母も膠原病を発症したりと、私自身は自分のことをゆっくり考える時間もなくて……。父の一周忌を前に、ようやく自分のやりたいことを落ち着いて思い描けるようになりました。

年齢を重ね、「嘘をつきたくない」という気持ちがますます強くなりましたね。自分が本当にやりたいことと、やりたくないことを真剣に考えるうちに、自然とテレビと距離ができていたんです。テレビでは、思ってもいないことを「こういうふうに言ってほしい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.