くらし情報『<AID>精子提供で生まれた60代女性、31歳まで明かされず「嘘の中で、大きな不信感」』

2020年11月25日 05:00

<AID>精子提供で生まれた60代女性、31歳まで明かされず「嘘の中で、大きな不信感」

を始め、「信頼できる人にきちんと話を聞いてもらう、言葉にして整理する」ということをしていくうちに、だんだんと自分を責める必要はないことがわかり、ようやく「贖罪の気持ちは手放すことができた」といいますが、それにしても随分長い間、彼女はひとりで苦しんでいたのでした。

「これから先も、そういう状態にならないとは限りませんよね。人生80、90年もあるわけで、いろんな節目に、いろんなことが起こるじゃないですか。何か自分にとってきついことが起きたとき、そこにガッと引き戻されたりするんですよ。生まれというのは、自分の根っこのところなので」

それほど苦しむのなら、事実を知らないほうがよかったのでは?そう思う人もいるかもしれません。でも木野さんは、やはり事実を「知ってよかった」と話します。

■きちんと相談できる窓口がほしい

「本人が知らないままでいるなんて、そんな馬鹿にされることはないだろう、人を馬鹿にするのもいい加減にしろ、というくらいには思います。あなたはどういうふうに生まれた人ですよ、と伝えたうえで、親子としていっしょにやっていきましょう、というのは、少なくともあってしかるべきだろうと思いますし。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.