くらし情報『<AID>精子提供で生まれた60代女性、31歳まで明かされず「嘘の中で、大きな不信感」』

2020年11月25日 05:00

<AID>精子提供で生まれた60代女性、31歳まで明かされず「嘘の中で、大きな不信感」

私も何がきついって、いまも本当のことを親せきに言えないんですよね。親せきのなかでは、(精子提供したという事実は)あってはならないことなので。それはやっぱりどこかで『自分の存在自体があってはならない』と、いまでも思わざるを得ないところがあって。

だからやっぱり、最初にみんなで『子どもをこういうふうに迎えて、家族関係をどうしていこう』と相談してやるのが筋だし、そうしていたら、少なくとも私が繕わないといけない仮面は要らなかった。『本当のところの自分』で生きてこられただろうな、とは思うので。(今後精子・卵子提供で子を持つのであれば)そうしてくれ、と思いますよね」

今回の法案についてどう思うか尋ねると、木野さんはこう話してくれました。

「野放しでなんとなくずっと進んできたっていうのは、やっぱりよくはないので、きちっとしたものがあったほうがいいとは思っていたんですけれど。正直に言えば、『(第三者が関わる不妊治療は)して欲しくない』という気持ちなんですが、それは現実的ではない、ということももちろんわかるので。

だとすれば、やっぱり生まれた子どもが尊重されるような形になるべきだと思います。海外のように、きちんと出自を知ることができるといいし、せめてまずは提供精子や卵子で生まれた人が自分がどういう風にして生まれたのかということがわかる仕組みに少なくともしないと、と思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.