くらし情報『『エール』志村けんさんの死やコロナ禍での撮影、苦難を乗り越えて視聴者に届けたもの』

2020年11月27日 10:30

『エール』志村けんさんの死やコロナ禍での撮影、苦難を乗り越えて視聴者に届けたもの

『エール』志村けんさんの死やコロナ禍での撮影、苦難を乗り越えて視聴者に届けたもの
NHK朝ドラ『エール』スタジオ取材会での窪田正孝(’19年12月)
連続テレビ小説(以下、朝ドラ)『エール』(NHK)が今週で最終回を迎えた。

本作は『栄冠は君に輝く』、『六甲おろし』、『船頭可愛や』、『長崎の鐘』、『イヨマンテの夜』といった数々の名曲を手掛けた作曲家・古関裕而と、その妻で歌手としても活躍した小関金子をモデルにした夫婦、夫の小山裕一(窪田正孝)と妻の音(二階堂ふみ)を主人公にしたドラマだ。

物語は紀元前一万年前の原始時代からはじまり、「音楽と人間の関わり」が語られ、小山が作曲した『オリンピック・マーチ』が流れる1964年の東京オリンピックの開会式直前の舞台裏が描かれる。そして、第二話から裕一の幼少期が語られるのだが、紀元前1万年前からはじまるという大胆な冒頭に象徴されるように、『エール』はさまざまな新しい挑戦に挑んだ意欲作だった。

■挑戦的だった『エール』

まず何より、主人公が男性だということが大きいだろう。

もちろん2014年の『マッサン』を筆頭に、男性主人公の朝ドラは過去にも存在したが、ほとんどの朝ドラは女性が主人公だ。『エール』も音を中心に見れば、朝ドラの王道だが、夫の裕一が、今までの朝ドラ主人公にはいなかったタイプで、それが本作の独自性に繋がっていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.