くらし情報『コロナ感染大爆発で医療・経済崩壊の“生活危機”迫る、やっておくべき「8つの備え」』

2020年12月3日 17:00

コロナ感染大爆発で医療・経済崩壊の“生活危機”迫る、やっておくべき「8つの備え」

コロナ感染大爆発で医療・経済崩壊の“生活危機”迫る、やっておくべき「8つの備え」
このまま感染拡大が続けば、再び緊急事態宣言の可能性も
全国の新規感染者数は2000人を超える日もあり、新型コロナウイルスの猛威が止まらない。

東京都でも医療崩壊を引き起こすレベルの感染者数と重症者数になりつつある。

大阪府では新規感染者数、PCR陽性率、感染経路の不明割合など政府の分科会が定めた感染状況の6項目の指標のうち5つがすでに超過。残るひとつの病床の逼迫(ひっぱく)度合いも警戒基準値が目前に。

11月26日、全世界の感染者数が6000万人を突破。他国で起きているようなパンデミックが日本でも現実のものになろうとしている。

■ウイルスが変異する可能性も

懸念される感染大爆発は起こるのだろうか。専門家に聞いてみると──。

「気温や温度と新型コロナウイルスの広がりやすさに関する研究はいくつかあり、温度・湿度の低い地域では高い地域よりも広がりやすいという結果が出ています。春先のように外出を自粛するなど私たちの行動が変わらない限り、感染者数も重症者数も増えるいっぽうです」

と、そう遠くない未来に感染爆発が起こることを予測するのはKARADA内科クリニックの田中雅之医師。

医学ジャーナリストの植田美津恵さんは、2つの可能性を示唆する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.