くらし情報『『LINE証券』の新規口座数がコロナ禍で2倍に! 投資ビギナーがこぞって始めるワケ』

2020年12月4日 16:00

『LINE証券』の新規口座数がコロナ禍で2倍に! 投資ビギナーがこぞって始めるワケ

『LINE証券』の新規口座数がコロナ禍で2倍に! 投資ビギナーがこぞって始めるワケ
※写真はイメージです
新型コロナウイルスの影響で残業代やボーナスがカット。経済的な不安に対し、投資を始める人が増えている。

■『LINE証券』利用者の6割は投資未経験

なかでも話題となっている『LINE証券』は昨年8月に野村證券を傘下に持つ野村ホールディングスとLINEがタッグを組んでサービスを開始。コロナ禍に突入した今年2月~4月には、新規口座数が約2倍(昨年11月~今年1月と比較)、売買代金を約3・6倍(今年1月9日~2月21日と2月25日~4月7日を比較)に上げて急成長を遂げ、今年8月末時点で口座開設数は31万口座を突破、月間の国内株式売買代金980億円と拡大を見せている。

注目すべきは利用者の約6割が投資未経験ということ。

「生活に根づいたコミュニケーションツール『LINE』だからこそ、投資初心者にも身近な証券サービスとして展開できたと思います」

そう話すのは『LINE証券』の広報担当者。

知識不足や資金不足、取引時間を確保できないといった不安を解消する簡単・便利でわかりやすいサービスを開発した結果、20〜30代が53%、40代以上が47%と幅広い層に支持された。

利用者からは、「LINEのメッセージと株価を同時に見られてラク!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.