くらし情報『松本人志が激怒『笑ってはいけない』渡部建出演の“フライング報道”の違法性を検証』

2020年12月2日 05:00

松本人志が激怒『笑ってはいけない』渡部建出演の“フライング報道”の違法性を検証

松本人志が激怒『笑ってはいけない』渡部建出演の“フライング報道”の違法性を検証
映画『それいけ!アンパンマンかがやけ!クルンといのちの星』制作報告会見での渡部建(’18年5月)
「ルール違反も甚だしい」

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が憤慨したのは、11月22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でのことだ。

■フライング報道は違法?

今年6月に複数の女性との“多目的トイレ不倫”が報じられ、活動を自粛しているアンジャッシュの渡部建。そんな彼が大みそか恒例の日本テレビ系バラエティー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の『笑ってはいけない』シリーズに出演すると一部で報じられた。

「この番組は、事前に誰がゲストで出演するか知らされていない松本さんらレギュラー陣のリアクションも魅力のひとつです。松本さんは報道を受けて11月22日放送の『ワイドナショー』で“収録前にネットニュースで知らされる。考えられないですよ”と激怒したんです」(スポーツ紙記者)

その後も『笑ってはいけない』関連の報道は続き、11月23日には『東スポweb』が『渡部建が“不倫三銃士”結成か』と題した記事を配信。それに対して、松本が《めちゃくちゃガセです。面白くないよ。東スポ》とツイートして、怒りをあらわにしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.