くらし情報『渡部建の「謝罪会見」で問われた“記者”の質、今度はレポーターが炎上の悪循環』

2020年12月4日 20:00

渡部建の「謝罪会見」で問われた“記者”の質、今度はレポーターが炎上の悪循環

渡部建の「謝罪会見」で問われた“記者”の質、今度はレポーターが炎上の悪循環
レポーターに囲まれる渡部建
「本当に申し訳ないです」「本当に迷惑をかけてしまって」「本当に反省しています」「本当にこればっかりは」「本当に……本当に…」

3日夜、不倫騒動で活動自粛中のお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が、都内で会見を開いた。こんなに説得力のない「本当に」という言葉があるだろうか、と思ってしまうほど「本当に」という言葉が連発された会見だった。

■しどろもどろの渡部に
マスコミもヒートアップ

「何を今さら」「もう顔も見たくない」といった批判が集中、”フルボッコ会見“で渡部が何を語るのか注目を集めたが、結局、渡部が弱々しく謝り続けると言う、なんとも中身のない会見で、後味の悪いものとなった。

そんな中、渡部本人と同じく注目を集めたのが、渡部の周りを囲み、容赦なく厳しい質問をぶつけ続けたレポーターたち。

「3月に不倫騒動で謝罪会見を開いた東出昌大さんのときと同じく、昨日の会見でも、本人の回りは女性レポーターがガッチリ固めていました。厳しい質問攻めに渡部さんは終始タジタジ。最後は汗びっしょりになっていましたね。不倫した男は女性の敵、それに年末の『ガキ使』への出演が物議を醸している真っ最中だったので、渡部さんが猛攻撃を受けることは予想していましたが……」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.