くらし情報『渡部建の『ガキ使』収録映像、意地でも「お蔵入りさせない」日テレの目論見』

2020年12月10日 21:00

渡部建の『ガキ使』収録映像、意地でも「お蔵入りさせない」日テレの目論見

渡部建の『ガキ使』収録映像、意地でも「お蔵入りさせない」日テレの目論見
謝罪会見をした渡部建
アンジャッシュ・渡部建(47)の謝罪会見から1週間が過ぎても、まだまだメディアの関心は消えない。

ことの発端は、ダウンタウンの年末特番『ガキの使いやあらへんで!笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)に出演すると報じられたこと。

■「渡部建」会見の2つの問題点

「その後、世間の反応を見て、局側はお蔵入りを決めたと報じられました、けどね」

と意味深に語るのは放送作家だ。ニヤリとしながら

「お蔵入りはするけど、お蔵入りはしないんじゃないかな」

そんな禅問答のようなことを言いはじめる。その真意を尋ねる前に、改めてなぜ会見が失敗したのかを見てみる。

多くのメディアやコメンテーターは、芸能リポーターによるいじめの構図、「ガキの使いじゃないんだから」というディレクターの質問に対する嫌悪などを指摘した。

「会見内容もさることながら、会見のやり方が問題視されています。ネットテレビで、全編が放送されましたから、質問もリポーターの表情も全部視聴者に見られてしまう。その結果の世間のハレーションです」

そう指摘する情報番組デスクは、問題点として「渡部の立ち位置戦略の見誤り」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.