くらし情報『女性の貧困・自殺者が急増!政治に求めるリアルな声と「日本死ね」の叫び』

2020年12月13日 13:00

女性の貧困・自殺者が急増!政治に求めるリアルな声と「日本死ね」の叫び

女性の貧困・自殺者が急増!政治に求めるリアルな声と「日本死ね」の叫び
写真はイメージです
涙なくして視ることはできなかった。

単身で働く女友達の何人かは、つらくて見続けることができず、途中でテレビを消したという。

■女性の自殺者が昨年同月比で82.6%増

12月5日に放映されたNHKスペシャル『コロナ危機女性にいま何が』だ。番組が終了したあとも、登場した女性たちの言葉が胸に刺さって、うずくまりたいほどの痛みと、そして国に対する激しい怒りで眠れなかった。

私は『つくろい東京ファンド』という生活困窮者の支援団体でボランティアスタッフをしている。ホームレス状態の人たちを福祉に繋げ、一緒にアパート探しをしたり、生活上のよろずお手伝いをするのが仕事だ。

4月、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、東京都で休業要請が発令され、それまでネットカフェで寝泊まりしていた若い人たちが一斉に行き場を失った。そんな人達の「助けて!!」に応え、私たちはもう8か月も都内や近隣県を駆け回っている。

その様子の一端を、フリーライターの和田靜香さんが『新型コロナ福祉のダークサイド、ネットカフェ難民が追いやられた「本当の行き先」』、『東京都「ネットカフェ難民」のホテル提供を出し惜しみ、消えた3349人の行方』という記事にしてくれ、大きな反響を呼んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.