くらし情報『野村克也さんの遺族「実感ない」も、行きつけ寿司店に遺した一流の“人のつながり”』

2020年12月27日 08:00

野村克也さんの遺族「実感ない」も、行きつけ寿司店に遺した一流の“人のつながり”

野村克也さんの遺族「実感ない」も、行きつけ寿司店に遺した一流の“人のつながり”
野村克也さん
野球人だけでなく、多くの一般人にも響く名言・金言、そしてインタビューでの“ボヤキ”で人気を博した元プロ野球選手・監督の野村克也さん。彼が虚血性心不全によって亡くなったのは、2020年2月のこと。84歳だった。

「亡くなる直前まで元気な様子でしたけど、まぁ年相応というか、みなさんのおじいちゃんたちと同じ感じだったと思います」

そう話すのは、克也さんの長男である克則氏の妻・有紀子さん。

「コロナが流行するちょっと前だったので、関係者の方々みなさん挨拶に来てくださって。葬儀もできましたけど、その後の偲ぶ会とかはできていなくて……」

彼が亡くなる2年前のこと。愛妻であり、また“恐妻”としても知られ、夫とともに人気者だった沙知代さんが亡くなった。

「家族みんな、まだ父が亡くなったことに実感がなくて。最近も義母の三回忌がありましたけど、やっぱり実感がなくて。いまだにみんな、本当に亡くなったのかなって思っていますね」(有紀子さん)

■野村家の正月に欠かせない寿司店

野村家の正月は、いつも東京・市谷にある寿司店『鮨太鼓』におせちをお願いしていたという。

「私たちスタッフからは“大パパ”なんて呼ばせていただいていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.