くらし情報『所ジョージの愛車がキューブ状に!? 今では放送できない“ヤバすぎるドッキリ”6選』

2020年12月21日 11:00

所ジョージの愛車がキューブ状に!? 今では放送できない“ヤバすぎるドッキリ”6選

所ジョージの愛車がキューブ状に!? 今では放送できない“ヤバすぎるドッキリ”6選
(写真左から)錦野旦、出川哲朗、所ジョージ
「『ドッキリGP』や『モニタリング』のようなドッキリ専門の番組だけでなく、『水曜日のダウンタウン』のワンコーナーにもなったり。今、ドッキリはテレビ制作サイドの定番になっていますね」

そう話すのは、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さん。

「各局は消費行動が活発な若い層にテレビを見てもらうための番組作りを掲げています。なぜなら彼らをキャッチしないと、番組のスポンサーがお金を出してくれないからです」(木村さん、以下同)

ドッキリはその層を取り込むのにうってつけのコンテンツだという。

「ユーチューブの人気動画には昔、テレビがやっていたドッキリ企画をまねして作ったようなものが多い。万国共通でシンプルに笑えるものって、ドッキリ企画がいちばん手軽なんですよ」

■「今ならパワハラ、セクハラでアウト」

テレビや映画に詳しい昭和生まれのライター・成田全さんも、

「仕掛けられている人だけが知らない。制作サイドと視聴者が共犯関係にあるドッキリって、理屈なしで面白い」

視聴者の厳しい声とコンプライアンスが重視される今は、ドッキリ番組が作りにくい環境になっているが、

「BPO(放送倫理・番組向上機構)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.