くらし情報『さんまもお手上げ、土田晃之は番組卒業ではなくクビ「笑わない芸風」に総スカン』

2020年12月22日 21:00

さんまもお手上げ、土田晃之は番組卒業ではなくクビ「笑わない芸風」に総スカン

さんまもお手上げ、土田晃之は番組卒業ではなくクビ「笑わない芸風」に総スカン
明石家さんまと土田晃之
「この番組のレギュラーは、さんまさんだけなのに、(僕が)ずーっと出てるのもどうなのかな、と……」

12月5日にオンエアされた人気番組『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で突然、番組から卒業したい、と申し出たのはお笑い芸人・土田晃之だ。今田耕司、ネプチューン・堀内健、陣内智則といったベテラン勢からEXIT、ぺこぱ、ミルクボーイら“第7世代”の若手まで、人気芸人たちが毎週入れ替わり立ち替わり出演するこの番組で、番組開始から5年8か月もの間、唯一レギュラー出演を続けていた。

「番組MCの明石家さんまさんが、土田さんのお笑いの腕をすごく買っているんです」(制作会社関係者)

土田の口から自主降板が発表されると、さんまは「これからも出ててくれ」と嘆いたが、どうやらその裏ではひと悶着あったらしい。

「表向きは土田さんから“辞めたい”という話があって……ということになっていますが、本当は番組サイドから肩を叩かれたんですよ」(前出・制作会社関係者)

■「笑わない芸風」がアダに

放送1回目から毎週休まず出続けた功労者をクビに?何か理由があったのか。

「視聴者からの土田さんの評判がすこぶる悪かったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.