くらし情報『《栃木発》“コロナ家賃補助金”170万円詐取、ハデ女美容師の近所に轟く「借金生活」』

2020年12月24日 05:00

《栃木発》“コロナ家賃補助金”170万円詐取、ハデ女美容師の近所に轟く「借金生活」

《栃木発》“コロナ家賃補助金”170万円詐取、ハデ女美容師の近所に轟く「借金生活」
美容学校で講師を務めていたこともあった大平容疑者(ホームページより)
「新型コロナで苦しんでいる人が大勢いるのに、こんな事件を起こすとは……」

そう話すのは、12月9日までに警視庁に逮捕された栃木県小山市の美容師・大平恵子容疑者(41)の自宅近所の女性。

■『家賃支援給付金』を
約170万円だまし取る

「容疑者は、美容室の経営者を装い、コロナで経営が悪化した個人事業主などの家賃を支援する『家賃支援給付金』を約170万円だまし取りました。この給付金詐欺で摘発されたのは、全国で初めてのケースとなりました」(全国紙社会部記者)

容疑者は2020年8月上旬、過去に住んだことのある栃木県内のアパートで美容室を経営しているふりをして、月々の家賃数十万円とする賃貸借契約書を偽造。

中小企業庁の専用サイトから申請手続きをして、自分の口座に振り込ませたという。

「中小企業庁から給付通知書がアパートの管理会社に届いたため、管理会社が不審に思ったことから発覚しました」(同・記者)

居住していない住所で申請するとは大胆というか、杜撰(ずさん)というか……。

「ネット情報を参考にした」

「生活費などで使い切った」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.