くらし情報『コロナ《家庭内感染》急増中、マスク・生活習慣・移動で注意すべき「10の盲点」』

2020年12月26日 08:00

コロナ《家庭内感染》急増中、マスク・生活習慣・移動で注意すべき「10の盲点」

コロナ《家庭内感染》急増中、マスク・生活習慣・移動で注意すべき「10の盲点」
※写真はイメージです
コロナ第3波の猛威が止まらない。東京都の822人(12月17日)を筆頭に、1日あたりの感染者数は連日のように記録が更新されている。

医療を専門とするジャーナリストの村上和巳さんが言う。

「気温が下がれば部屋の換気を怠りやすく、室内にこもりがちに。加えて、年末年始は会食や家族で集まる機会が増える時期なので、感染拡大が続くと言われています」

とりわけ注意したいのが家庭内感染だ。東京や大阪などの流行地域を中心に、家族を含む同居者間での感染が相次いで報告されている。

「基本的にウイルスは外から入ってくるので、外出先から家の中へ持ち込まないことに尽きる。ただ、感染防止にあたって見落としがちなポイントも実は多いんです」(村上さん、以下同)

■マスクの扱い方でリスクを減らせる!

まず例に挙げたのは、もはや生活必需品となったマスク。

「中国の研究報告では、家の中でもマスクをつけていれば家庭内感染のリスクを8割ほど減らせる、としています」

さらにマスクの選び方によってもリスクは変わることが明らかに。スーパーコンピューター『富岳』のシミュレーションを使った最新の研究ではウレタンや布製より不織布マスクのほうが飛沫の飛散防止効果が高い傾向にあった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.