くらし情報『唐田えりか、カメラ雑誌で仕事復帰するもポエムから漂う「やっぱり匂わせ感」』

2020年12月23日 18:00

唐田えりか、カメラ雑誌で仕事復帰するもポエムから漂う「やっぱり匂わせ感」

唐田えりか、カメラ雑誌で仕事復帰するもポエムから漂う「やっぱり匂わせ感」
12月中旬の朝、通勤する唐田えりか
2020年1月、女優・唐田えりかと俳優・東出昌大の不倫騒動から1年も経たぬ間に、仕事復帰を果たした唐田。19日発売のカメラ月刊雑誌『日本カメラ1月号』で、新連載をスタートさせたのだ。

■ポエムエッセイで「復帰」に違和感

「Mirror」という連載名で、カメラ好き女優として写真エッセイを唐田本人が執筆。第一回となった今号では「夕焼け」というタイトルであかあかとした夕焼けの写真とともに、ポエミーなエッセイが綴られていた。

夕焼け写真を現像した時の心境として、

《いつぶりかに現像した写真を見て、「ああ、なんかすごく自分」と思った。残酷なほどに。見ながら、見られていた。見られながら、見た。》

と語っている。

唐田と東出が恋人役として共演した映画『寝ても覚めても』の中でも、二人が出会うきっかけとなった写真展のひとつが「みるもの、みられるもの」というタイトルだった。似ている言い回しに何かしらの意図を感じざるを得ない。

《心に月明かりが差したように少しづつ夜道を歩けるようになった。暗闇に溺れないように。》

と、何かから立ち直っていくような様子も伺える。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.