くらし情報『キャンディーズはなぜ「伝説」になったのか、田中好子さん没後10年も変わらぬカリスマ性』

2021年1月4日 16:00

キャンディーズはなぜ「伝説」になったのか、田中好子さん没後10年も変わらぬカリスマ性

キャンディーズはなぜ「伝説」になったのか、田中好子さん没後10年も変わらぬカリスマ性
キャンディーズ
元キャンディーズの一員で女優の田中好子さん(享年55)が、2011年4月に乳がんで亡くなってから間もなく10年が経つ。

東京・青山葬儀所で行われた葬儀・告別式を当日の『NHKニュース7』は準トップ(二番手)で報じた。政治や経済の出来事を最優先するNHKの看板ニュースが、芸能人の葬儀・告別式を準トップで報じるのは極めて異例のことで、田中さんの存在の大きさが示された。

■公私ともに仲のよかった
キャンディーズ

ニュースで流れた田中さんの肉声をおぼえている人は多いはず。死の約1か月前に録音され、葬儀・告別式で公開された。

「(1973年に)キャンディーズでデビューして以来、本当に長い間お世話になりました。幸せな、幸せな人生でした。心の底から感謝しています」

会場にいた元メンバーの女優・伊藤蘭(65)と藤村美樹さん(64)は涙を懸命に堪えながら聞いていた。

「特に、蘭さん、美樹さん、ありがとう。2人が大好きでした…」

この言葉に対し伊藤はこんな弔辞を読んだ。

「美樹さんと私にとって、いつまでも特別な存在のスーさん、ありがとう。ずっとずっと愛しています」

やはり弔辞を読んだ藤村さんはこう言った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.