くらし情報『二宮和也の“天才的”俳優秘話、クリント・イーストウッドも「彼でよかった」』

2020年12月28日 11:00

二宮和也の“天才的”俳優秘話、クリント・イーストウッドも「彼でよかった」

二宮和也の“天才的”俳優秘話、クリント・イーストウッドも「彼でよかった」
二宮和也
二宮和也は俳優業で評価を高めていった。‘03年に公開された映画『青の炎』では、主演を務めた。

「義理の父親を殺害し、完全犯罪に挑む高校生という難しい役柄を熱演。演劇界の巨匠・蜷川幸雄さんが監督を務めたことでも話題になりました」(スポーツ紙記者)

二宮の母親役で共演した秋吉久美子に当時の話を聞いた。

「非常に頭のいい方だと思いました。一緒に記者会見をしたときに、短い時間で映画の内容を説明しながら自分の意見も述べていました。演技力も高かった。撮影のセットのテーブルに座った瞬間にセンサーが動くタイプで、役に自然に入り込んでいましたね。頭で理解して、感受性も強く、見る人の皮膚に伝えるような芝居ができる方でしたよ」

10代で主演を務めたが、緊張した様子はなかったという。

「撮影の合間にカードを使った手品を見せてくれたり、冗談を言うなど、余裕がありましたね。相葉くんのことをすごく愛していたのを覚えています(笑)。よく彼の話をうれしそうにしていましたからね。相葉くんがお父さんと一緒に、ふんどし一丁でお祭りにみこしを担ぎに行った話をして、“相葉っておもしろい奴なんですよ”と笑っていましたね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.