くらし情報『ミヤコ蝶々さん、長男が“波乱の人生”を独占告白「本気で惚れたのは三遊亭柳枝だけ」』

2021年1月13日 17:00

ミヤコ蝶々さん、長男が“波乱の人生”を独占告白「本気で惚れたのは三遊亭柳枝だけ」

ミヤコ蝶々さん、長男が“波乱の人生”を独占告白「本気で惚れたのは三遊亭柳枝だけ」
ミヤコ蝶々さんと森田健作の貴重なツーショット
2020年11月30日よりスタートした、NHK連続テレビ小説『おちょやん』。松竹新喜劇で活躍し、「浪花のお母さん」と呼ばれた女優の浪花千栄子さんをモデルとしたヒロインの生涯を描く作品だ。

だが、もうひとり、「浪花のオカン」として親しまれた女優がいた。いや、むしろこちらの女性のほうが記憶に残っているのではないだろうか。

大阪はもちろん、全国区でも女優、そして天才芸人として知られたミヤコ蝶々さん、その人だ。

7歳から芸に生き、戦中戦後と時代に翻弄され、恋を糧にした蝶々さんの生きざまは、彼女の存命中から幾度となくドラマや舞台となり、いずれも大反響を呼んできた。

女性が自分らしく生きることがまだ難しかった時代。そんな中、人間の喜怒哀楽を生業としながらも、己の感情とのせめぎ合いに紆余曲折しながら前に歩み続けた彼女の物語は、時を越えて人々の胸を打つ。

そんな蝶々さんに魅せられたひとりが、女性漫画誌を中心に活躍された人気漫画家の長崎さゆりさんだ。10年ほど前、蝶々さんの生涯を、美しく力強い珠玉の作品として形にした。しかしその後、闘病生活に入り、入退院を繰り返すことに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.