くらし情報『木下優樹菜、自伝出版の真意と離婚後の“パリピ生活”直撃で見せた「謎対応」』

2021年1月13日 21:00

木下優樹菜、自伝出版の真意と離婚後の“パリピ生活”直撃で見せた「謎対応」

(スポーツ紙記者)

1年以上もめ続けている木下とタピオカ店。

「この“タピオカ裁判”は、原告であるタピオカ店のオーナーが和解金として1000万円を求めており、被告である木下さんは、100万円までしか出せないと争っているんですよ」(同・スポーツ紙記者)

木下に話を聞きに、彼女(と元夫)が住む都内一等地のタワーマンションを訪れると、木下が高級外車に乗って帰宅してきた。ウインドウガラス越しに記者が声をかけたが、そのまま地下駐車場へ。

しかし数分後、エントランスに姿を見せた木下は、なぜか記者に向かって大きく手を振るという余裕を見せた。

そんな“一般人”となった木下は今、何を─。

唯一わかる彼女が続けていることは、インスタグラムなどのSNSを駆使してのファンへのアピール。

ファンたちを《木下組》と呼び、質問に答えるなど交流を続けている。ブランド服を着て外出する姿を《#シフクテキユキナ》と紹介したり、おしゃれな店で食事したメニューの写真を投稿したりと、まるで“パリピ”のよう。インスタグラムのフォロワーは、’20年12月24日時点で50万人超。子どもや元夫であるフジモンとの写真なども載せているが、どうも何か新しい仕事をしている様子はうかがえない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.