くらし情報『氷川きよし、あふれまくる“母性”!「背負っているものがある、だから頑張れる」』

2021年1月9日 11:00

氷川きよし、あふれまくる“母性”!「背負っているものがある、だから頑張れる」

氷川きよし、あふれまくる“母性”!「背負っているものがある、だから頑張れる」
氷川きよし撮影/廣瀬靖士
『NHK紅白歌合戦』でも、その存在感を見せつけた氷川きよし。’20年を「学んだ1年だった」と振り返る。そして迎えた’21年。「今年は堂々と歌って、思いを伝えていきたい」と力強く語る。その熱き思いとは?

■昨年できなかったことを
今年はしっかりと

氷川のライフワークであるコンサートツアー。例年であれば年間約60日〜70日(120公演〜140公演)、全国各地のファンに生歌を届けている。しかし’20年は、たったの7日(14公演)。言うまでもなく、新型コロナウイルスのため中止や延期を余儀なくされた。

「いい1年とは言えないですよね。でも“すべてに意味がある”といい方向に考えなきゃいけないと思う。そして、結果、よくなるんだろうなと思います。本当に学んだ1年でした。こうして生きていること自体、自分にはやっぱり使命があるんだと改めて感じています。自分にしかできないこと、氷川きよしにしかできないこと。伝えたいこと、伝えていくべきこと。しっかりと発信していきたいと思った年でした」

昨年できなかったことを、今年はしっかりやっていきたいと前を向く。

「例えば、コンサート。昨年の振り替え公演が、今年はたくさんあるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.