くらし情報『不倫夫が気づかない“サレ妻”の終わりなき苦しみ「子どもを抱いて飛び降りたくなる」』

2021年1月10日 21:00

不倫夫が気づかない“サレ妻”の終わりなき苦しみ「子どもを抱いて飛び降りたくなる」

不倫が夫婦の仲を裂き、離婚の契機になることは多い。児童心理士として児童相談所に19年間勤務する中で子どもの問題を抱える多くの家族と出会ってきた山脇由貴子さんは、現在は家族問題カウンセラーとして年間200家族の相談を受けている。夫に不倫された妻の苦悩を山脇さんがリポートする。

不倫夫が気づかない“サレ妻”の終わりなき苦しみ「子どもを抱いて飛び降りたくなる」
※写真はイメージですケース1:不倫した夫を信じられなくなった妻<相談者の家族構成>
夫:稔(仮名・36歳・会社員)
妻:美和(仮名・34歳・会社員)
息子(6歳)、娘(2歳)
カウンセリングにやって来た妻の美和さんによれば、夫婦の問題は夫の不倫でした。

夫婦は子ども2人を保育園に預けて共働きをしていました。美和さんの仕事も相応に忙しく、家事と育児をこなすのに精いっぱいでした。一方、夫の稔さんは、もちろん仕事は忙しいですが飲み会が好きで、飲みに行く頻度は多かったと言います。夫婦仲は悪いわけではないけれど、稔さんが育児をあまり手伝わずに飲みに行ってしまうことに美和さんは不満を抱いていた、と言います。美和さんは言いました。

「はっきりとは言いませんが、合コンに行っているのも気づいていました。でも、休日は家事や育児を手伝ってくれるし、それに私はお酒が飲めないので一緒に飲むこともできないし、仕方ないかな、と思って我慢していました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.