くらし情報『市川海老蔵の密着番組で「使わないでほしい」お蔵入りになった “問題のシーン”』

2021年1月10日 11:00

市川海老蔵の密着番組で「使わないでほしい」お蔵入りになった “問題のシーン”

市川海老蔵の密着番組で「使わないでほしい」お蔵入りになった “問題のシーン”
市川海老蔵(’19年)
1月9日、市川海老蔵に密着するドキュメンタリー番組『市川海老蔵に、ござりまする2021』(日本テレビ系)が放送された。同番組は’14年以来、毎年1月に放送されている。

「昨年の緊急事態宣言下でのステイホーム期間中の生活や海老蔵さんの長男の勸(かん)玄(げん)くんと長女の麗禾(れいか)ちゃんにもカメラが密着。1年間に渡って、一家にスポットを当てていました」(日本テレビ関係者)

子どもたちと遊ぶ微笑ましい場面もある中、お蔵入りになってしまったシーンがあった――。

■子どもたちから“伯母”の名が

「昨年12月に、スタッフが勸玄くんと麗禾ちゃんに密着した際、2人が小林麻耶さんの名前を出して、“最近、全然会ってないから久しぶりに会いたいな……”と話していたんです。ただ、そのシーンは海老蔵さんサイドから“使わないでほしい”と言われ、カットされてしまったそうなんですよ」(同・日本テレビ関係者)

麻耶は、昨年11月にレギュラー出演していた『グッとラック!』(TBS系)を“降板”になり、所属事務所との契約を解除された。

「自身のユーチューブチャンネルで、’18年に結婚した“宇宙ヨガ整体師”の國光吟(くにみつあきら)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.