くらし情報『春風亭一之輔、コロナ禍で正月興行のトリ務める心境と落語界の“様変わり”を明かす』

2021年1月11日 19:30

春風亭一之輔、コロナ禍で正月興行のトリ務める心境と落語界の“様変わり”を明かす

春風亭一之輔、コロナ禍で正月興行のトリ務める心境と落語界の“様変わり”を明かす
春風亭一之輔 (c)キッチンミノル
エンタメ業界をも容赦なく襲う緊急事態宣言。平時はのんびりした面々が集まる落語界も、安全地帯でぼんやりしてはいられない。

「(仕事キャンセルの連絡が)もう3、4件きましたね。地方の落語会から連絡が届いて、先々の予定が中止になっています。これからまだきそうですけどね、昨年のコロナ禍では125件のキャンセルがありましたから」

「どんと来い」の心持ちでそう明かすのは、落語家の春風亭一之輔(42)だ。

■ぬか床作りやオンライン配信にも挑戦

本業以外にも、ニッポン放送のレギュラー番組でしゃべり、『日経新聞』『産経新聞』『週刊朝日』で連載原稿を書き、ワイドショーではコメンテーターとして、やんわりと世相を刺したりする。

緊急事態宣言が出された直後の1月11日から20日まで、東京・上野鈴本演芸場の昼席でトリ(=最後の演者)を務めている。

「なかなか今、“寄席に来てください”と言いにくいところはありますが、いつもどおりにしゃべります」

と言葉ににじませるのは、日ごろから見せる脱力感だ。

都内には上野鈴本演芸場をはじめ、浅草演芸ホール、池袋演芸場、新宿末広亭(五十音順)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.