くらし情報『身体の関係を求められ…現役女子高生が告白した“悲惨すぎる”コロナ禍の「パパ活」』

2021年1月16日 11:00

身体の関係を求められ…現役女子高生が告白した“悲惨すぎる”コロナ禍の「パパ活」

身体の関係を求められ…現役女子高生が告白した“悲惨すぎる”コロナ禍の「パパ活」
まだあどけなさが残る16歳のA子さん
「高校を中退することになりました。家も追い出され住むところもないので働きたいのですが、コロナの影響でバイトも決まらず、パパ活を……」

16歳の少女A子さんは、つらそうな表情で過酷な現状を語りだした――。おさまることのないコロナ禍で職を失う人が多い中、“パパ活”を通じてお金を得る女性が急増している。

パパ活とは、女性が食事やデートに付き合う見返りとして、「パパ」である男性から金銭を受け取ることだ。

性交渉を伴う援助交際とは異なり、表向きは健全な関係が前提とされているが、実態は売春行為も横行している。

18歳未満のパパ活は、パパ(男性)側が児童福祉法違反や未成年者略取の罪に問われる可能性があり、最近は事件化していることが多い。

東京都内に住む高校生のA子さんも、やむをえない理由からパパ活にいそしんでいる。

■コロナで仕事がなくなり、
パパ活を始めた

「実の母親はキャバ嬢でしたが、5歳のときに薬物中毒で亡くなりました。父親は元客で、顔も見たことがありません。それで、里親に引きとられて生きてきました。毎月、家に2万円入れなければならず、スマホ代や食費、洗剤なんかも必要なので、月に15万円は必要なんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.