くらし情報『加藤紗里「10万円が欲しいわけじゃない」シンママが提案する“弱者のための”シェアハウス』

2021年1月17日 13:00

加藤紗里「10万円が欲しいわけじゃない」シンママが提案する“弱者のための”シェアハウス

加藤紗里「10万円が欲しいわけじゃない」シンママが提案する“弱者のための”シェアハウス
インタビューに答える加藤紗里(2020年12月9日)
狩野英孝との六股騒動以降、現在に至るまで炎上・バッシングが続いている加藤紗里。シングルマザー(父親は非公表)でもある彼女は現在、シングルマザーを対象としたシェアハウスを作る活動で注目を集めている。離婚を発表した際に「3か月で1億円使わせた」と発言して批判されたほか、2020年12月にはインスタグラムに、夢屋まさるのギャグ「パンケーキ食べたい♪」を歌いながら、提供されたパンケーキを叩き潰す動画を投稿して大炎上。

──そんな彼女の素顔とは?“お騒がせモンスター”ともされる彼女に直撃し、報道や噂の真偽に迫った。(「」内はすべて加藤紗里の発言)

* * *

「芸能界に対する憧れはまったくなかったですね。芸能界に入ったのは狩野英孝さんとの騒動があってから。多くのマスコミから取材が殺到して、一人では対応できなくなったからなんです」

加藤紗里は1990年広島生まれ。広島市内でも有名な代々続く呉服商の次女として生まれ、高校卒業まで同市で育った。いわゆる“お嬢様”で、習い事もピアノ、バレエ、琴、三味線、日本舞踊、お茶、お花と多数。塾と家庭教師を掛け持ちしながら中高一貫の私立名門校に在籍。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.