くらし情報『キャバ嬢・飛田嬢からパパ活へ、コロナ禍で仕事を失った“夜職女性”の限界』

2021年1月20日 05:00

キャバ嬢・飛田嬢からパパ活へ、コロナ禍で仕事を失った“夜職女性”の限界

キャバ嬢・飛田嬢からパパ活へ、コロナ禍で仕事を失った“夜職女性”の限界
理系学部にいる“リケジョ”だというB子さん
「お金がなさすぎて、2日間何も食べていないんです。仕事もないので、パパ活を……」

バーで働く19歳のA子さんはそう言って、オムライスを頬張った――。

■学費未納で除籍になってしまう

コロナ禍で仕事を失う人が多い中、金銭的に困窮(こんきゅう)する女性が“パパ活”で収入を得るケースが増えている。

パパ活とは、女性が「パパ」である男性とのデートや食事に付き合う見返りとして金銭を受け取る行為を指す。

表向きは健全な関係でも、実際は売春行為が横行する。

有名私立大学の理系学部に通いながらキャバクラ嬢として働く20歳のB子さんは、仕事を失ってパパ活を始めたひとりだ。

「親の病気などで家計が悪化してしまい、昨年の春に学費をすべて自分で払うよう言われました。居酒屋のアルバイトなどをしていましたが、コロナでシフトに入れなくなり、思うように稼げませんでした」

黒髪ストレートで清楚(せいそ)な雰囲気を醸し出しているB子さん。いよいよ学費納入期限に間に合わない、となって始めたのがキャバクラだった。

「月に20万円ほど稼げる見込みだったのですが、緊急事態宣言の影響もあり、結局シフトをすべてカットされてしまった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.