くらし情報『上白石萌音、『ボス恋』撮影でユースケ・サンタマリアの“どスベりアドリブ”に吃驚』

2021年1月19日 17:00

上白石萌音、『ボス恋』撮影でユースケ・サンタマリアの“どスベりアドリブ”に吃驚

(芸能事務所関係者)

にもかかわらず上白石の主演再登板が実現したのは、制作サイドが“2匹目のドジョウ”を狙って猛烈オファーをかけたからだという。

結果、『ボス恋』の初回視聴率は11%超。見事、期待に応えた新・ラブコメの女王の撮影現場はさぞ熱く盛り上がっているだろうと思いきや、その空気を“お寒く”する共演者がいるというではないか。

「それ、ユースケ・サンタマリアさんなんです……」(前出・制作会社関係者)

『ボス恋』には、上白石が務める出版社の副社長役で出演中。物語の今後のカギを握りそうな役どころなのだが、ユースケといえば『踊る大捜査線』シリーズでのエリート刑事役に始まり、最近ではNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の神経質な戦国武将役まで、あらゆる役をこなせる怪優……もとい名優である。

「実はユースケさん、ドラマや映画の撮影中、自分の登場シーンに突然入れてくる“アドリブ”があるんですよ。それというのが“ピーマンかと思ったらシシトウだったんだよ!”っていう意味不明なアドリブなんですけど……」(同・制作会社関係者)
え!?どういうこと?

「いや、ご本人は単純にウケると思ってやってるんです(苦笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.