くらし情報『眞子さま慄く! 沈黙の美智子さまが“動かない”小室圭さんに「ケジメをつけて」最終勧告へ

2021年1月20日 06:00

眞子さま慄く! 沈黙の美智子さまが“動かない”小室圭さんに「ケジメをつけて」最終勧告へ

眞子さま慄く! 沈黙の美智子さまが“動かない”小室圭さんに「ケジメをつけて」最終勧告へ<br />
昭和天皇の命日の1月7日、八王子市内の『武蔵野陵』を参拝された眞子さまは黒のロングドレス姿
「1月15日に予定されていた新年行事『歌会始の儀』は、新型コロナの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令された影響で延期となりました。

宮内庁としては、新年行事という性格上、3月中までには開催したいと考えています」(皇室担当記者)

皇室の方々がしたためられた和歌の公表も先延ばしになったが、眞子さまの和歌には今回も注目が集まっていた。

「昨年の眞子さまは《望月に月の兎が棲まふかと 思ふ心を持ちつぎゆかな》という和歌を詠まれました。

31文字の中で2回使われた“月”という言葉に対して“小室圭さんを意識された歌では”と話題を呼んだのです。

というのも’17年9月に行われたおふたりの婚約内定会見で、小室さんは“夜空の月を見つけたとき、うれしくて思わず眞子さまに電話をした”というエピソードを披露していたからです」(同・前)

皇室関係者からは「再び小室さんを彷彿とさせる歌を詠まれるのでは」という声が上がっていたのだ。

おふたりの結婚は既定路線だといわれるが、変わらず“障壁”も存在する。

■眞子さま、今秋結婚予定なら3〜4月に事態が動くか

昨年12月の宮内庁の定例会見で、トップである西村泰彦長官が、小室家が抱えている金銭トラブルについて「説明責任を果たすべき方が、果たしていくことが極めて重要」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.