くらし情報『肩こり・腰痛の原因は「腕が短くなったから!」→1日7秒「手伸ばし体操」で解消』

2021年1月22日 20:30

肩こり・腰痛の原因は「腕が短くなったから!」→1日7秒「手伸ばし体操」で解消

現代人は「腕が縮こまってゴリラのように短くなっている!」とか。これが慢性的な身体の不調や肥満の原因に。そこでカリスマ治療家が考案したのが、1日7秒の簡単ストレッチ。手を伸ばすだけで不調も肥満も解消できるのだから即、実行しかない!

肩こり・腰痛の原因は「腕が短くなったから!」→1日7秒「手伸ばし体操」で解消
■現代人は腕が短くなっている!

「マッサージへ行っても、肩こりが治らない」「テレワーク続きで、腰痛が」

そんな悩みをまとめて解決する方法があると話すのはアスリートゴリラ鍼灸接骨院院長の高林孝光先生。1日1回、手をぐるぐると回すだけの手伸ばし体操がそれ!

なぜ、手を回すだけで肩こりや腰痛が改善するのでしょうか。

高林先生がこの体操を考案したきっかけは、多くの人を治療するなかで「現代人は腕が短くなっている人が多い」と気づいたこと。「パソコンやスマートフォンの操作などで、現代人は手や腕を酷使しすぎなんです」と指摘します。

筋肉には、使いすぎたり、緊張が続いたりすると、元に戻りにくくなる性質があります。また、手を使う機会が多いと、肩の関節内で骨と骨の距離が近づきます。筋肉がこわばり、骨が近づき、腕が短くなってしまうのです。

■深層の筋肉に働きかける「手伸ばし体操」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.