くらし情報『小倉智昭「老害」「ボケてる」にショック、『とくダネ!』に終止符を打つ心境』

2021年1月26日 05:00

小倉智昭「老害」「ボケてる」にショック、『とくダネ!』に終止符を打つ心境

小倉智昭「老害」「ボケてる」にショック、『とくダネ!』に終止符を打つ心境
小倉智昭(73)
朝のワイドショー『とくダネ!』(フジテレビ系)の3月終了が発表された。司会の小倉智昭(73)は、1月12日、

「まだ、すべてをやり遂げてはいませんが、そろそろ次世代のキャスターに席を譲るときが来たようです」

と、局を通じてコメント。翌日の生放送でも、心境を吐露した。そこで彼は、2016年と’18年に膀胱ガンの手術を受けてからの変化を告白。「病気してから、ネット情報とか見るようになっちゃったんですね」として、その内容にショックを受けたと明かしたのだ。

■小倉智昭、老いを受け入れた?

「やっぱり、老害じゃないか、とか、ボケてるんじゃないかと、キツイものなんですよ。で、お年寄りの政治家見ると、あぁやっぱり年とるとダメだな、なんて少しずつ思うようになりました。そんなこともあって、私もそろそろいいのかなって」

強気なイメージのある人だけに、この発言には意外だという声も続出。だが、実はこの人、人一倍、若く見られたい人なのだ。つまり、老いを受け入れたくないタイプなのである。

得意にしてきた分野も、スポーツやアイドル。前者については、自身も学生時代、陸上の短距離などに打ち込んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.