くらし情報『松本潤、大河主演に選ばれた背景にあった「脚本家の猛プッシュ」』

2021年1月27日 21:00

松本潤、大河主演に選ばれた背景にあった「脚本家の猛プッシュ」

松本潤、大河主演に選ばれた背景にあった「脚本家の猛プッシュ」
松本潤
「嵐という船を1度降りて、新たな冒険の先を見つけようとしている僕にとって、こんなに大きな挑戦はありません」

嵐が活動休止して1か月、驚きの発表が!

「松本潤さんが’23年に放送されるNHK大河ドラマ『どうする家康』で主演を務めることが決まりました。嵐のメンバーが大河の主役に抜擢されたのは初めて。ジャニーズ事務所では、’05年の『義経』で主演を務めた滝沢秀明さんや’14年の『軍師官兵衛』で主役を演じたV6の岡田准一さんらに続く5人目の起用となります」(スポーツ紙記者)

かねてから松本は、嵐のメンバーの中でスケジュールが“白紙”になっていたことで、ファンをやきもきさせていた。

「櫻井翔さんは日テレ系の『嵐にしやがれ』の後続番組『1億3000万人のSHOWチャンネル』、相葉雅紀さんはフジ系の『VS嵐』の後続番組『VS魂』のMCを務めています。二宮和也さんは日テレ系のレギュラー番組『ニノさん』を続投し、ドラマや映画のオファーも殺到しています。松本さんだけ活動休止以降の仕事が決まっていないと思われていたんです」(同・スポーツ紙記者)

■周囲には「このままではダメだ」と漏らし

そんな中、彼の大河主演が決まったという発表は、多くのファンを安心させたことだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.