くらし情報『〈入浴中以外も危険〉コロナ感染予防が「ヒートショック」を招く落とし穴とは』

2021年1月29日 16:00

〈入浴中以外も危険〉コロナ感染予防が「ヒートショック」を招く落とし穴とは

温度差による血圧変動で起こるヒートショック。昨年2月に亡くなった野村克也さんも死因はヒートショックと言われ、気温が下がる冬は注意が必要だ。コロナ禍ならではの注意ポイントを専門家に聞いた。

〈入浴中以外も危険〉コロナ感染予防が「ヒートショック」を招く落とし穴とは
イラスト/石崎伸子
昨年2月に亡くなった元プロ野球監督の野村克也さん。浴室で意識を失っているところを発見され、救急車で搬送されたが、亡くなられた。

「死因は、おそらくヒートショックによるものだろう、と言われています」

そう話すのは、東京都健康長寿医療センター研究所プロジェクト研究員の小川まどか先生。

ヒートショックとは急激な温度差で、血圧が大きく変動することが原因で起こる健康被害のこと。起きやすい病気には、めまいや失神、不整脈、脳出血、心筋梗塞などがある。

「冬はヒートショックによる健康被害が起こりやすい季節。同じ自宅でも暖房のきいたリビングと、廊下やトイレなど暖房なしの冷えた空間で、大きな寒暖差が生じるからです」(小川先生、以下同)

■湯船でホッとひと息、その瞬間が危ない

中でも、特に注意したいのが、野村さんのような入浴時のヒートショック関連死だ。

「暖かい部屋から寒い脱衣所に移動して、衣服を脱ぐと、身体表面の温度が急激に下がります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.