くらし情報『〈入浴中以外も危険〉コロナ感染予防が「ヒートショック」を招く落とし穴とは』

2021年1月29日 16:00

〈入浴中以外も危険〉コロナ感染予防が「ヒートショック」を招く落とし穴とは

■トイレ(危険度大)
排泄(はいせつ)時は下半身を冷気にさらすので、危険度は高い。夜中にパジャマ1枚でトイレに行って、失神するケースも。

■廊下(危険度大)
暖房効率アップのためにドアを閉めると、部屋と大きな寒暖差が生じる。部屋着のまま出てしまいやすい点も危険。

■玄関
ドアを開けたとたん、冷たい外気にさらされる場所。早朝に部屋着のまま、ゴミを出しに行くのも危険度が高い。

■キッチン
間取りにもよるが、キッチンが北側や西側にあり、冷える家は多い。火を使わない時間帯は危険スポットに。

■ベランダ
朝夕は気温が低いが、部屋着で洗濯物を干したり取り込んだりしがち。同様に部屋着でのベランダ喫煙にも注意を。

■入浴中以外も!日常に潜む5つの落とし穴

感染予防のためにしていることが、ヒートショックを招く要因になることも!ここではコロナ禍の日常でやりがちな5つの落とし穴を紹介するので、参考にしてほしい。

この冬は、なるべくステイホームを心がけている人が多いはず。しかし、その生活にはヒートショックを招く落とし穴もひそんでいる。

「感染予防のためには、換気が必要ですが、やり方によっては身体を急激に冷やす危険性があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.