くらし情報『〈入浴中以外も危険〉コロナ感染予防が「ヒートショック」を招く落とし穴とは』

2021年1月29日 16:00

〈入浴中以外も危険〉コロナ感染予防が「ヒートショック」を招く落とし穴とは

また人との接触を避けるため、買い物や飲み会を控えるのはよいのですが、これがヒートショックを招く行動に結びつくケースも考えられます」

よかれと思ってやったことで、健康を害していては本末転倒。コロナだけでなくヒートショックの予防も心がけて、この冬を乗り切ろう。

【落とし穴1】部屋着のまま換気
家族が帰宅すると、衣服などに付着したウイルスが気になり、換気したくなる人もいるだろう。このとき部屋着のままで、窓を大きく開けるのは危険。外気にいきなりさらされると、血圧が急上昇する原因に。

【落とし穴2】節約のために暖房オフ
長時間、自宅で過ごしていると気になるのが暖房費。だからといって、節約のつもりで厚着をして暖房を切ると、家全体が寒くなる。その結果、入浴時にヒートショックを起こしやすくなってしまう。

【落とし穴3】宅飲み後、すぐ入浴
居酒屋でなく自宅で飲む人が増えたが、家飲みで危険なのは、飲酒後すぐに入浴できる点。酔うと血圧は下がるが、その状態で入浴することで、血圧の変動がより激しくなる。入浴は酔いがさめてから、が鉄則。

【落とし穴4】薄着で玄関先に出る
買い物で人との接触を避けるために、ネットショッピングを利用するのは賢い手だが、宅配の受け取りは危険度大。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.