くらし情報『綾瀬はるか、児嶋一哉、飯尾和樹、大化けした「ドラフト外」芸能人の勝因』

2021年2月7日 11:00

綾瀬はるか、児嶋一哉、飯尾和樹、大化けした「ドラフト外」芸能人の勝因

綾瀬はるか、児嶋一哉、飯尾和樹、大化けした「ドラフト外」芸能人の勝因
(左から)綾瀬はるか、アンジャッシュ児嶋、ずん・飯尾和樹
デビューから、ただひたすらスポットライトを浴び続けるのが芸能人!というわけでもありません。事務所にもファンにも期待されず、辛酸をなめ続け、ようやく人気者になった人たちも多いもの。彼らがブレイクした要因を解析しました! (取材・文/寺西ジャジューカ)

タレントや俳優が売れるには、所属事務所からのバックアップが必要。つまり、“期待の存在”じゃないと世に出るのは難しい……と思われがちだが、決してそうとは限らない。さほど期待されていなかった、立場でいえばドラフト外だったのに、自力で大化けした芸能人、実はけっこう多いのである。

それを身をもって証明した芸能人たちについて、芸能事情に詳しいライターの鈴木旭さんに解説してもらった。

■芸人から愛されてきた人は生き残る

まず、芸歴30年を迎え、“癒し系おじさん”として目下ブレイク中のずん・飯尾和樹。しかし、同じ浅井企画所属で同期のキャイ~ンが順調に売れていったのとは対照的に、潜伏期間は長かった。

「飯尾さんの場合、お笑い芸人というよりも、場を和ませるタレントとして、徐々に認識されていった、という感じでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.