くらし情報『『TikTok』で死亡事故・いじめ・わいせつ事件が多発、子を守るため保護者がすべきこと』

2021年2月2日 05:00

『TikTok』で死亡事故・いじめ・わいせつ事件が多発、子を守るため保護者がすべきこと

(渡辺さん)

前出の尾花さんも、こう続ける(以下、尾花さん)。

「親がトラブルにどう気づいてあげるか。普段から、“何かあったらパパには言わないから、ママにだけ話して”といったふうに、家族に1人だけでも相談できるようにしてあげることが大切です」

■親は安全な環境を整えて、見守りを

子どもを守るため保護者がやるべきことについては、

「TikTokにはペアレンタルコントロールという機能があり、子どものアカウントと親のアカウントをひもづけて管理することができます。

子どもの使用時間の制限や、不適切なコンテンツ表示の制限、DMやコメント書き込みの範囲を制限して見知らぬ人との接触を防ぐことができます。思春期になると親がどうこう言えなくなるので、代わりに見守ってくれる機能を利用してほしいです」

この機能はアプリの設定画面から簡単に登録することができ、犯罪に巻き込まれるリスクは大きく減少する。

そのほかにも、

「子どもは賢いので、おじいちゃん、おばあちゃんのところに行って制限のないスマホを使わせてくれるよう頼んだりします。各携帯電話会社に“あんしんフィルター”というサービスがあり、問い合わせれば危険な機能を制限できます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.