くらし情報『みのもんたさんも罹患「パーキンソン病」早期発見のカギと進化した最新治療法』

2021年2月7日 12:00

みのもんたさんも罹患「パーキンソン病」早期発見のカギと進化した最新治療法

「手足が震える」「手足や体幹がこわばる」の3つ。

「こわばりについては医師が触診しないとわからないかもしれません。それ以外の、動作がゆっくりになった、手足の片方が震えるようになったということで『おや?』と思って脳神経内科などにいらっしゃる方が多いですね」

■別の病気の可能性もある

そのほかパーキンソン病の人によくある症状としては、「数年前から、においに鈍感になった」「便秘や頻尿になった」「眠れない」「気分が落ち込む」といったものもある。

「いつもと違う症状があれば、簡単でいいので、それがいつから始まったのかメモしておくと診察に役立ちます」

【初期症状でわかるパーキンソン病チェックシート】
※特に最初の3点は典型的な症状なので、「おかしい」と思ったら脳神経内科へ。
□動作がゆっくりになった
□手足が震えるようになった
□手足などが動かしづらい
□転びやすくなった
□40代、50代なのに動きが高齢者っぽい
□においに鈍感になった
□便秘、頻尿がある
□なかなか眠れない
□声が小さくなった
□気分の落ち込みや不安がある
□幻覚や妄想などの症状がある

もちろん、こうした症状がある人すべてがパーキンソン病とは限らない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.